1.  > 
  2. 融資スピードで比較して一番いいと思ったのに

融資スピードで比較して一番いいと思ったのに

即日融資、スピードが速い。キャシング比較をする際に重視する ポイントとして人気の点です。

スピード重視の時は細かい金利も気にしない人が多いかもしれません。おそらく小額を希望の方が多いと思いますので1%の年利だとそこまで 利子が変わらないですからね。

なので、即日融資であればいいと思いお申込みをすると思います。 だけど、その日に借りるつもりが借入できなかったというケースは 少なからずあるでしょう。 注意すべき点、意外と急いでいて見落としてしまったなどあり得ることを まとめておきます。

ネット申込は14時新規申込を済ませないとダメなケースあり

ネット経由の申込ですと各業者様々ですが14時以降の新規申し込みは即日融資が不可となるケースがあります。これは、そのサービスがサボっているとかそういうことではなく、銀行との兼ね合いなどがあるからです。

但し、提携のネットバンクの口座や、ネット上からではなく無人機経由の申込であれば遅い時間でも即日で可能ということはあります。一番早いのはお申込みしてから電話などでオペレーターさんに確認してみるのがいいでしょう。

即日審査を勘違いしてしまった

即日で借りたいという時に、その日中に貸付を行っていない業者にお申込みをしてしまったパターンです。業者さん様々ですからこれは申込側の問題ですね。ちゃんと記述を読めばわかることですが、確かにわかりずらい。

即日審査はその日じゅうに審査をします。最短で。ということですからそのサービスの機能としては最大で早くてもその日に審査が完了しますよ。 という意味になるわけです。ここは要注意しましょう。

急ぐあまりに何社も一気に申し込んでしまった

審査の兼ね合いもあるからと、一気に同時申込をし、どれか 一番早いところから借りればいいやという考え。これは確かにわかりますが、消費者金融という機関はお客さんに無理な貸付をしてはいけないという部分があります。

一気に申し込むことにより、審査落ちしてしまったというケースもあるようです。実際今大手のキャッシングであれば即日対応の業者は 審査はめちゃくちゃ早いですから何社も申込する必要はあまりないでしょう。 変に失敗をするよりも一社ずつ行ったほうが健全と言えます。